東京国税局、納税者約47万人分の個人情報を記録したPCが所在不明 | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

東京国税局、納税者約47万人分の個人情報を記録したPCが所在不明

東京国税局は9月20日、東京国税局徴収部および課税第二部において、それぞれ1台、合計2台のPCの所在が不明であることが判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
東京国税局は9月20日、東京国税局徴収部および課税第二部において、それぞれ1台、合計2台のPCの所在が不明であることが判明したと発表した。

徴収部のPCには、一時的に国税局管内の納税者約47万人分のデータを入れて作業を行っていた。データは作業後速やかに消去することになっているが、これまでの調査ではデータが消去されているかどうか確認されていないという。
ただし、PCは正確なパスワードなどを入力しなければ起動できず、さらにPC内のデータは暗号化されていることから、情報の流出の可能性は極めて低いものとしている。
なお、課税第二部のPCには納税者に関するデータは入力されていないという。同局では盗難の可能性があることから、9月15日警察に対し被害届を提出した。

東京国税局:当局におけるパソコンの所在不明について
http://www.tokyo.nta.go.jp/category/information/050920/info01.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×