東京国税局、納税者約47万人分の個人情報を記録したPCが所在不明 | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

東京国税局、納税者約47万人分の個人情報を記録したPCが所在不明

東京国税局は9月20日、東京国税局徴収部および課税第二部において、それぞれ1台、合計2台のPCの所在が不明であることが判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
東京国税局は9月20日、東京国税局徴収部および課税第二部において、それぞれ1台、合計2台のPCの所在が不明であることが判明したと発表した。

徴収部のPCには、一時的に国税局管内の納税者約47万人分のデータを入れて作業を行っていた。データは作業後速やかに消去することになっているが、これまでの調査ではデータが消去されているかどうか確認されていないという。
ただし、PCは正確なパスワードなどを入力しなければ起動できず、さらにPC内のデータは暗号化されていることから、情報の流出の可能性は極めて低いものとしている。
なお、課税第二部のPCには納税者に関するデータは入力されていないという。同局では盗難の可能性があることから、9月15日警察に対し被害届を提出した。

東京国税局:当局におけるパソコンの所在不明について
http://www.tokyo.nta.go.jp/category/information/050920/info01.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×