マイクロソフト社のPnPの脆弱性を介して拡散するEsBot.Bワーム | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

マイクロソフト社のPnPの脆弱性を介して拡散するEsBot.Bワーム

サイバーディフェンス社からの情報によると、EsBot.Bは、EsBotワーム系列の新しい亜種である。マイクロソフト社のプラグアンドプレイ機能に存在するバッファオーバーフロー(MS05-039)を攻撃する不正コードが数多く報告されているが、適切なパッチを適用するなど、セキ

製品・サービス・業界動向 業界動向
サイバーディフェンス社からの情報によると、EsBot.Bは、EsBotワーム系列の新しい亜種である。マイクロソフト社のプラグアンドプレイ機能に存在するバッファオーバーフロー(MS05-039)を攻撃する不正コードが数多く報告されているが、適切なパッチを適用するなど、セキュリティ対策が正しく施行されているネットワーク環境では攻撃を回避することができる。このため、この亜種の危険度をMEDIUMレベルとした。感染すると、レジストリの変更やIRCサーバに接続しコマンドを待機したり、バックドア機能などが実行される。

※この情報は株式会社サイバーディフェンス
 ( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
 サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については
 下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【03:52 GMT、09、15、2005】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×