三菱重工業の協力会社、技術者の個人PCからWinnyで原発情報流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

三菱重工業の協力会社、技術者の個人PCからWinnyで原発情報流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

三菱重工業株式会社は8月30日、協力会社技術者の個人PCがWinnyウイルスに感染し、同社高砂製作所における発電所用タービン、水車などに関する検査関連情報が流出していたことが判明したと発表した。流出の時期は本年4月末から5月初めまでの期間で、流出元となったPCのWinnyネットワークへのアクセスログから確認された。同社ではすでに、本年6月よりWinnyウィルス感染情報流出防止策を講じているが、今回の情報流出はその対策以前に流出していたものとしている。流出した情報は、高砂製作所におけるタービン(火力発電所を中心に、一部原子力発電所用)、水車などの検査関連情報であり、大半はデータ未記入の検査・点検関係の記録フォームだという。設備の部品写真や図面など部分的に含まれているが、内容から判断して原子炉や核物質防護に関する情報はない。データ容量は約700MBだという。


三菱重工業:発電プラント等に関する検査関連情報流出について
http://www.mhi-ir.jp/sp_news/050830_winny/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×