ドットコモディティ、メール配信ソフトの誤作動により個人情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

ドットコモディティ、メール配信ソフトの誤作動により個人情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

ドットコモディティ株式会社は8月25日、メール配信ソフトの誤作動により個人情報が流出したと発表した。これは、同社での取引終了後に顧客へ向けて自動的に送られるメールを配信している際に、顧客より「他人の書類が添付されて送られてきている」と連絡を受けたことによって発覚したもの。添付されていた個人情報は13件で、26名の顧客に誤送信された。流出した個人情報は、住所、氏名、8月16日時点の取引状況、預り証拠金残高で、現在のところ二次被害の報告は受けていないとしている。同社によると今回の誤送信は、自動的に書類を作成しメールを送付するメール配信ソフトの操作に、複数の担当責任者が係わり、その結果送信システムが二重に起動したことが原因だという。

ドットコモディティ:書類発送に係わる個人情報の流出について
http://www.commodity.co.jp/announce/excuse.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×