富士電機機器制御、中国駐在の従業員が個人情報を記録したPCを盗難される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

富士電機機器制御、中国駐在の従業員が個人情報を記録したPCを盗難される

製品・サービス・業界動向 業界動向

富士電機機器制御株式会社は8月19日、同社の中国(上海)駐在従業員がPCの盗難被害に遭ったことを発表した。これは7月29日、同従業員が夕食後の帰宅途中に鞄を盗難されたもので、鞄の中には同社と取引のある企業の氏名とメールアドレス150名分、メールの送受信データ200件が記録されたPCが入っていた。同従業員は翌日、上海市の公安(警察)に盗難届を提出している。なお、このPCには起動のためのパスワードが設定されているため、情報流出の可能性は低いとしている。

富士電機機器制御:弊社従業員パソコン盗難に関するお詫び
http://www.fujielectric.co.jp/fcs/jpn/news/news_05081801.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×