長野、大阪の社会保険事務所で個人情報漏洩 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

長野、大阪の社会保険事務所で個人情報漏洩

製品・サービス・業界動向 業界動向

社会保険庁長野社会保険事務局は8月11日、個人情報が入った「金銭登録機」を、7月に岡谷社会保険事務所の男性嘱託職員が紛失していたと発表した。同職員が茅野市内の住宅の玄関先で保険料の納入依頼をした際に紛失したという。この金銭登録機には、国民年金加入者の基礎年金番号や氏名、生年月日など57人分の個人情報が記録されていた。
また大阪では、8月9日に天満社会保険事務所において、個人情報を記録した書類の紛失が発生した。紛失した書類は、賞与における保険料の算出に使用するもので、399名分の氏名、生年月日、保険証番号、賞与の金額などの個人情報が記録されていた。


社会保険庁
http://www.sia.go.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×