「ISG2000」がWindowsの重大な脆弱性を補完できると発表(ジュニパーネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

「ISG2000」がWindowsの重大な脆弱性を補完できると発表(ジュニパーネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ジュニパーネットワークス株式会社は8月9日、米Juniper Networks社の発表として、同社の「ISG2000」ファイアーウォール/VPNアプライアンスが、マイクロソフト社が公表した2005年8月度のWindowsの重大な脆弱性を補完できることを発表した。同製品は、IDP侵入検知防御システムおよびIDP機能を搭載したファイアーウォール/VPNアプライアンス。動作コードがバージョン3.0r4以上であれば、今回マイクロソフトが公表した脆弱性を防御し、攻撃者によるシステムの乗っ取りを防ぐことができるとしている。

http://www.juniper.co.jp/company/presscenter/pr/2005/pr-050809c.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×