マイクロソフト、MS05-038のパッチに不具合を確認、修正版を再公開 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

マイクロソフト、MS05-038のパッチに不具合を確認、修正版を再公開

製品・サービス・業界動向 業界動向

マイクロソフトは8月11日、前日に公開した月例セキュリティパッチのうち「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (896727) (MS05-038)」に不具合があったとして修正版を公開した。当初ダウンロードセンターに公開したセキュリティ更新プログラムが破損していたために、System Management Server (SMS) および Internet Explorer からのインストールに失敗する場合があったという。同社では、不具合を修正したパッチを11日の午前3時〜3時30分に公開を再開した。


Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (896727) (MS05-038)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS05-038.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×