暗証番号を安全に入力できる「ワンタイムセキュリティボード」を導入(イーバンク銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

暗証番号を安全に入力できる「ワンタイムセキュリティボード」を導入(イーバンク銀行)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

イーバンク銀行株式会社は、スパイウェア等による不正利用の対策として、暗証番号を安全に入力できるシステムとして「ワンタイムセキュリティボード」の導入を開始した。同入力システムは、利用者が0から9までの各数字に対応して英字がランダムに表示される変換表(セキュリティボード)を参照して、暗証番号に該当する英字をキーボードから入力するというもの。数字と英字の組合せは、取引ごとにランダムにボードへ表示されるため、万一、スパイウェア等がPCに侵入し暗証番号に該当する英字を盗まれても、次回以降の取引には使用できず、また暗証番号を直接知られる恐れがない。特別な設定等は必要なく手数料も無料。同銀行では、すでに提供中の利用環境を登録できる「IP制限サービス」と組み合わせることで、安全性が高まるとしている。

http://www.ebank.co.jp/kojin/news/press/2005_08_04.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×