権限なしのアクセス急増 FBIのサイバー犯罪レポート | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

権限なしのアクセス急増 FBIのサイバー犯罪レポート

サンフランシスコのFBIのコンピュータ侵入スクアッド(Computer Intrusion Squad)とコンピュータ・セキュリティ協会(Computer Security Institute)がサイバー犯罪のレポートを発表した。

国際 海外情報
サンフランシスコのFBIのコンピュータ侵入スクアッド(Computer Intrusion Squad)とコンピュータ・セキュリティ協会(Computer Security Institute)がサイバー犯罪のレポートを発表した。

レポートによると、回答者のセキュリティ事件による平均損失は、2004年は20万4000ドル。これは2003年の52万6000ドルからの61%の減少だ。一方、ハッキングをはじめとする権限なしのコンピュータシステムの使用については2003年から増えた。

金銭的な損失の原因としては、ウィルスによるものが最大で、4200万8000ドル。損失額の32%を占める計算だ。次いでは、権限なしのアクセスで、3100万2000ドルと損失額総計の24%だ。権限なしのアクセスは昨年、被害が急速に拡大。2003年は5万1545ドルの損失でしかなかった。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×