権限なしのアクセス急増 FBIのサイバー犯罪レポート | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

権限なしのアクセス急増 FBIのサイバー犯罪レポート

国際 海外情報

サンフランシスコのFBIのコンピュータ侵入スクアッド(Computer Intrusion Squad)とコンピュータ・セキュリティ協会(Computer Security Institute)がサイバー犯罪のレポートを発表した。

レポートによると、回答者のセキュリティ事件による平均損失は、2004年は20万4000ドル。これは2003年の52万6000ドルからの61%の減少だ。一方、ハッキングをはじめとする権限なしのコンピュータシステムの使用については2003年から増えた。

金銭的な損失の原因としては、ウィルスによるものが最大で、4200万8000ドル。損失額の32%を占める計算だ。次いでは、権限なしのアクセスで、3100万2000ドルと損失額総計の24%だ。権限なしのアクセスは昨年、被害が急速に拡大。2003年は5万1545ドルの損失でしかなかった。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×