日本語フィッシングメール速報 UFJ銀行を騙るメールが再び登場 | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

日本語フィッシングメール速報 UFJ銀行を騙るメールが再び登場

25日夜、編集部にUFJ銀行を騙る日本語フィッシングメールが届いた。メールの内容は今年3月に登場した同行を騙る日本語フィッシングメールと同じものである。フィッシングサイトは一見するとUFJ銀行のように偽装されているが、よく見るとリンク切れがあったり、URLにUFJ銀

製品・サービス・業界動向 業界動向
25日夜、編集部にUFJ銀行を騙る日本語フィッシングメールが届いた。メールの内容は今年3月に登場した同行を騙る日本語フィッシングメールと同じものである。フィッシングサイトは一見するとUFJ銀行のように偽装されているが、よく見るとリンク切れがあったり、URLにUFJ銀行のものではないIPアドレスが表示されているなどおかしな点がすぐにわかる。フィッシングにくわしいセキュアブレイン社マーケティングディレクターの中田太氏は本誌の取材に答えて次のようにコメントしている。
「今回出回っているUFJ銀行を偽ったフィッシングメールは、昨年にも使用されたものと同様のもののようである。今回のホスティング国はペルーであった」
メールに記載されているフィッシングサイトの内容を見てみると、前回と同様に、ログイン画面でカード番号やログインパスワードを要求し、さらに次の画面でクレジットカードの番号や有効期限、PIN(暗証番号)を取得しようとしている。今回のフィッシングメールおよびサイトは、各方面より提唱されている注意の方法である「URLの確認」や「メールのリンクはクリックしない」、「怪しいと思ったときは企業に問い合わせる」などにより、未然に情報の入力を防ぐことは可能であろう。また、セキュアブレインが無償で配布しているフィシング対策製品「PhishWall(フィッシュウォール)」を利用することによって、このサイトがペルーにあることを確認できるため、「怪しいサイト」であることを判別できる。」

UFJ銀行を偽装した電子メール詐欺が発生していますのでご注意ください
http://www.ufjbank.co.jp/ippan/oshirase/20050726_chuui.html

株式会社セキュアブレイン
http://www.securebrain.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×