スパムメール対策アプライアンスの販売で提携を発表(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

スパムメール対策アプライアンスの販売で提携を発表(マクニカネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マクニカネットワークス株式会社は7月20日、株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)にマクニカネットワークスが日本代理店として扱っている米Barracuda Networks社の「バラクーダ スパムファイアーウォール」シリーズの提供を開始すると発表した。この提携によって、富士通SSLは顧客の規模を問わず、スパムメール対策を始めとしたメールセキュリティの提供が可能となる。本製品は、多階層のスパムフィルタにより多角的にスパムメールを検知する。メールのブロックは、管理者による企業ポリシーに準じた設定だけでなく、ユーザ毎に個別の設定も可能だ。各フィルタリング機能は個別に有効、無効を設定できるため柔軟な導入を実現できる。設定や変更は全てブラウザベースで行い、複数言語のGUIが提供されるなど容易に運用管理できる。また、ユーザライセンスやオプションを排除した価格体系を採用しているため、メールユーザ規模を問わず導入が可能だ。

http://www.macnica.co.jp/release/detail.html?press_release.press_tmp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×