顧客データ安全確保に努力を重ねる米、金融機関 | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

顧客データ安全確保に努力を重ねる米、金融機関

米国の金融機関で、顧客データの安全を確保、失われつつあるeコマースへの信頼回復に向けて様々な努力が行われている。

国際 海外情報
米国の金融機関で、顧客データの安全を確保、失われつつあるeコマースへの信頼回復に向けて様々な努力が行われている。

米国でオンライン・バンキングの利用者が最も多いバンク・オブ・アメリカでは、テネシー州など10州で、新しいオンラインのセキュリティシステムをテスト中だという。システムを利用することで、顧客は本当に接続先がバンク・オブ・アメリカであるのかを確認、バンク・オブ・アメリカ側も接続している相手が顧客かどうか確認するというものだ。

バンク・オブ・アメリカでは6月30日にも、個人情報盗難を防止するために、新しい認証システムを開始することを発表している。対象はイリノイ、ミズーリ、カンサス、アイオワ、アーカンサス、オクラホマ州の6州で、「SiteKey(tm)」という無料のサービスだ。

【執筆:バンクーバー新報  西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×