一宮市に編入した旧尾西市、市民700件以上の個人情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

一宮市に編入した旧尾西市、市民700件以上の個人情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

旧尾西市(現一宮市に編入合併)は、市民700件以上の個人情報が記録されたPCが3月に紛失していたことを明らかにした。これは、本年4月の合併に伴う庁舎移転時に紛失したもので、市民の個人情報がインターネットに流出しているという投書が報道機関に寄せられたことで発覚した。このPCには、市制50周年記念の表彰者277名と閉市式の感謝状贈呈候補者306名の住所、氏名、また市の「提案箱」に寄せられた128件の氏名や内容などのほか、市政功労者53名分の名簿も保存されていた可能性があるとしている。PCは旧尾西市秘書広報課課長が使用していた公用のもので、紛失に気づきながらも3ヶ月以上報告していなかった。


一宮市
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×