「Sasser」「Netsky」の作成者に保護観察処分の判決、実刑を免れる | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

「Sasser」「Netsky」の作成者に保護観察処分の判決、実刑を免れる

製品・サービス・業界動向 業界動向

ドイツ、フェルデンの裁判所は、「Sasser」「Netsky」の作成者に対し、保護観察処分の判決を言い渡した。史上もっとも大きな影響を及ぼしたワームの作成者は、実刑を免れることになった。被告であるSven Jaschanは、この2種類のワームを作成、配布したとしてドイツ当局に逮捕された。判決の時点では18歳を迎える数日前だったため、裁判所は拘留判決を回避したと見られている。もし、取り締まり当局がJaschanを数ヶ月後に逮捕し、その時点でも悪質なワームを放出し続けていた場合には、成年者として裁判にかけられ、さらに厳しい判決を受けたという可能性が高い。今回の逮捕から判決までの流れは、Jaschanにとって非常に幸運なタイミングだったということになる。


ソフォス:Sasser ワーム作成者の釈放についてコメント
http://www.sophos.co.jp/virusinfo/articles/sasserfree.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×