京葉ガスの子会社、328件の顧客情報を記載した書類が盗難被害に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.24(木)

京葉ガスの子会社、328件の顧客情報を記載した書類が盗難被害に

製品・サービス・業界動向 業界動向

京葉ガス株式会社は7月8日、同社が検針業務を委託している子会社であるKGカスタマーサービス株式会社において、検針作業中に盗難被害が発生したと発表した。これは、7月7日に同子会社の検針員が検針作業中に、移動に使用している原動機付自転車が盗難されたもので、車両後部に装備された収納ボックスに顧客情報が記載された書類(検針予定リスト)が入っていたという。この書類には、328件の京葉ガス顧客の住所、氏名が記載されていた。


京葉ガス:お客さま情報が記載された書類の盗難被害について
http://www.keiyogas.co.jp/cont/news/2005/20050708.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×