専用演算器を必要としない小型マイコン向け暗号実装技術を開発(日立) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

専用演算器を必要としない小型マイコン向け暗号実装技術を開発(日立)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社日立製作所システム開発研究所は7月4日、モバイル機器やICカードなどで利用されている小型マイコン上で、暗号専用演算器なしで動作する次世代公開鍵暗号技術を開発したと発表した。本技術は、電子署名法で指定されている楕円曲線暗号のうちでも「コブリッツ曲線」と呼ばれる種類の楕円曲線を用い、同社が独自開発した安全性の高い実装技術である「wNAF」を対応させたもの。RSA暗号と比べ、暗号専用演算器なしで速度低下なく同等以上の安全性を実現する。本技術によって、普及型廉価チップを用いた高強度認証を実用速度で行うことが可能となる。クレジットカードのICカードへの置き換えや、PCに差し込んでネット認証を行うUSB認証チップなどに対応できる。同社では今後、本成果を小型マイコン向けの暗号ライブラリ、ないしは暗号チップとして提供することを計画している。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2005/07/0704.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×