館林市農業協同組合、職員宅の泥棒被害で個人情報を紛失 | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

館林市農業協同組合、職員宅の泥棒被害で個人情報を紛失

館林市農業協同組合は6月24日、職員の自宅に賊が侵入したことにより、業務に使用する個人情報を記録した携帯型PCが盗難被害に遭ったと発表した。この職員は共済の契約相談業務を行っているが、同組合の携帯型PCを自宅に保管していたところ、6月22日未明に職員の自宅を含

製品・サービス・業界動向 業界動向
館林市農業協同組合は6月24日、職員の自宅に賊が侵入したことにより、業務に使用する個人情報を記録した携帯型PCが盗難被害に遭ったと発表した。この職員は共済の契約相談業務を行っているが、同組合の携帯型PCを自宅に保管していたところ、6月22日未明に職員の自宅を含む近隣数軒に賊が侵入、同PCを含む数点が盗難された。このPCには、7,757件の顧客に関する個人情報(住所、氏名、生年月日、電話番号、性別)が記録されていた。ただし、口座番号やキャッシュカード、クレジットカード、共済契約などに関する情報は含まれていない。また、このPCにはパスワードをはじめとする複数のセキュリティ対策が施されており、情報が流出する可能性は低いとしている。


館林市農業協同組合:盗難による個人情報の紛失について
http://www.ja-tatebayashi.or.jp/kojinjouhou/fusyouji.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×