愛知県警、巡査の私有PCのウイルス感染で捜査情報がネット上に流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

愛知県警、巡査の私有PCのウイルス感染で捜査情報がネット上に流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

愛知県警東海署は、個人情報を含む同署の捜査情報がネット上に流出していたことが6月24日までに明らかになったと発表した。これは、同署の地域課巡査が所持していた7件6人分の住所、氏名、生年月日などが含まれた自動車窃盗事件の捜査報告書や供述調書などが、インターネット上に流出していたもので、同ファイルが添付されたメールを受信したという匿名の電話によって発覚した。同署で原因を調査したところ、この巡査の私有PCがウイルスに感染し、情報が流出していた。同署ではこの巡査を戒告、上司の警部補(50歳)を所属長注意の処分にするとともに、情報流出に該当する6人に謝罪を行った。


愛知県警察
http://www.pref.aichi.jp/police/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×