手のひら静脈認証技術と多機能ICカードを利用したシステムを構築(千葉工業大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

手のひら静脈認証技術と多機能ICカードを利用したシステムを構築(千葉工業大学)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

千葉工業大学は、キャンパス内に設置した情報キオスク端末で、富士通株式会社の「非接触型手のひら静脈認証技術」と、大日本印刷株式会社の多機能ICカード「FeliCa対応デュアルインターフェースJavaカード」を利用して学生の本人確認を行うと発表した。7月1日より開始する。多機能ICカードは4月1日より学生証として配付しており、同カードに手のひら静脈のデータを取り込み、学生番号や所属学部などの情報とともに本人確認に使用するというしくみ。これにより、学生が端末に学生証を挿入、専用の読み取り装置に自分の手のひらをかざすことで、学生情報や成績情報などの個人情報を閲覧することが可能となる。なお、このような確認での情報提供は、大学としては世界で初となる。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2005/06/22-1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×