連邦預金保険公社から漏洩した情報で不正に融資獲得 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

連邦預金保険公社から漏洩した情報で不正に融資獲得

国際 海外情報

日本の預金保険機構に該当する、米国の連邦預金保険公社(Federal Deposit Insurance Corp:FDIC)が、過去から現在までのFDIC従業員の個人情報が漏れたと警告を行った。

警告は6月10日付けで、約6000人に対して書面で行われたもので、これから12〜24ヵ月にわたり、信用情報などをチェックして欲しいと連絡した。2002年7月の時点でFDICに雇用されていたスタッフと元スタッフは、氏名、生年月日、社会保険番号、給与情報に、不正にアクセスされたようだ。結果、信用組合1行からの、融資獲得に利用されている。

通知では、漏洩は昨年初めに起こったようだ。18ヵ月近くも連絡がなかったのはなぜか不明だが、FDICでは“最近”事実が判明したと言っている。正確にいつ発覚したのか、いかにして起こったかは、明らかにしていない。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×