Citigroupで顧客情報の入ったテープ紛失か? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Citigroupで顧客情報の入ったテープ紛失か?

国際 海外情報

6月6日、米国Citigroup の関連会社、CitiFinancialが、390万件の顧客情報を保存したコンピュータテープの箱を紛失したと発表した。

住宅ローンなどを扱うCitiFinancialでは、箱が盗難にあったのか、紛失したのかわからないという。コンピュータテープには顧客の氏名、住所、社会保険番号、ローンアカウント番号が入っていた。現在のところ、情報が不正に使用された形跡はない。

CitiFinancialの警備カメラでは、ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)がニュージャージー州の施設から、テープの入った箱を搬出するところを捉えている。その後、米国の大手信用報告企業、Experian Information Solutionに向かうことになっていたが、届いていなかった。テープの送付は5月2日だが、UPSから箱が不明になっていることが発表されたのは5月24日で、CitiFinancialが事件を知るのに3週間近くかかっている。

また、CitiFinancial側の発表では、UPSは集荷の際に、運転手がスキャンすることになっているが、その処理を怠っていたようだ。UPS側のスポークスパーソンは、米国のネットワーク全体で広範囲に調査を行ったというが、細かいコメントは拒否している。しかしながら、出荷の際に宛先ラベルなどが損傷して、荷物の送付先がわからなくなることもあると、単なる紛失の可能性をほのめかしている。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×