So-net、ADSLコース申込者の個人情報364件が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

So-net、ADSLコース申込者の個人情報364件が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社は6月13日、同社が提供するSo-net ADSLコースの一部申込者の情報が外部に流出していたことが判明したと発表した。これは、社外から同社にデータの照合依頼を受け、13日までに確認したもので、2003年1月と同年12月、回線開通上の不備を知らせる必要のある申込者364件分。その内容は、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、ユーザーID、生年月日、性別で、クレジットカードなどの信用情報は含まれていないという。同社では、社長を責任者とする対策委員会を設置し、事態の全容と原因究明に全力をあげて取り組み、内部管理体制の運用を強化し、信頼回復に努めていくとしている。


ソニーコミュニケーションネットワーク:So-net ADSLコース申込者データの流出のお知らせとお詫び
http://www.so-net.ne.jp/corporation/release/2005/050613.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×