NTTドコモ東海の基地局情報がネットに流出、Winnyウイルス感染か | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

NTTドコモ東海の基地局情報がネットに流出、Winnyウイルス感染か

製品・サービス・業界動向 業界動向

NTTドコモ東海が社外秘に指定している基地局情報がインターネット上に流出していることが明らかになった。この情報は「静岡県内基地局入局方法」と呼ばれるファイルで、同社が静岡、愛知、岐阜県内に設置している携帯電話基地局約800ヶ所の所在地や入局方法などをまとめたもので、社外秘扱いになっていた。基地局の情報には、鍵の置き場所や周辺環境の問題なども記載されており、同社では事態を重く見て、すべての基地局の鍵を付け替えるなどの対策を行った。ファイルが流出した原因については、保存していたPCがWinnyウイルスに感染した可能性が高いという。


NTTドコモ東海
http://www.docomo-tokai.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×