公務員や銀行員も加担していた!? 個人情報、取立業者に売却 | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

公務員や銀行員も加担していた!? 個人情報、取立業者に売却

4月下旬にニューヨーク地区で男性が銀行の顧客情報を盗んだ上、取立代行業者に売却していた事件で、被害にあった金融機関が顧客に通知を開始した。

国際 海外情報
4月下旬にニューヨーク地区で男性が銀行の顧客情報を盗んだ上、取立代行業者に売却していた事件で、被害にあった金融機関が顧客に通知を開始した。

事件は、リーダーのオラジオ・レンボ(35歳)を中心に、ニュージャージー州政府の公務員、銀行員7名など10人が共謀して犯行を行っていた。顧客情報への不正アクセスがあったのは、ニュージャージーに本社を置くコマースバンク、PNC Bank of Pittsburgh、ノースカロライナ州に本社を置くワコビア、そしてバンク・オブ・アメリカだ。レンボは口座あたり10ドルで、口座番号や残高などの極秘情報を買い取っていた。証拠書類には、印刷された顧客データ全体、数件が含まれる。そして集めたデータを、40件以上の取立業者や弁護士事務所に売却していた。

通知を開始したのはバンク・オブ・アメリカとワコビアだ。「押収したコンピュータディスクから、当社の顧客1万4000件分が見つかったと警察から連絡があった」とワコビアのスポークスパーソン、フラン・ダーストはいう。警察からの報告を受けて、これらの顧客へ事件を知らせる手紙を送付した。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×