丸善、メールマガジン会員1万6,233人にウイルスメールを誤送信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

丸善、メールマガジン会員1万6,233人にウイルスメールを誤送信

製品・サービス・業界動向 業界動向

丸善株式会社は5月19日、同社が発行するメールマガジンの購読者1万6,233人にウイルス感染メールが送信されたと発表した。また、ウイルスメールが転送されていることを指摘するメールが、会員すべてに転送されるという二次トラブルも発生した。感染していたウイルスは「NETSKY」系のワームで、Windowsの「不適切な MIME ヘッダーが原因で Internet Explorer が電子メールの添付ファイルを実行する(MS01-020)」のセキュリティホールを悪用し、感染すると大量メール送信を行う。同社では、メールマガジンの発行日を延期した際に、メーリングリストの設定を送受信可能な状態に誤って設定してしまったことが原因としており、問い合わせ窓口を設置して対応している。


丸善:重要なお知らせ
http://mis.maruzen.co.jp/home/owabi.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×