丸善、メールマガジン会員1万6,233人にウイルスメールを誤送信 | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

丸善、メールマガジン会員1万6,233人にウイルスメールを誤送信

丸善株式会社は5月19日、同社が発行するメールマガジンの購読者1万6,233人にウイルス感染メールが送信されたと発表した。また、ウイルスメールが転送されていることを指摘するメールが、会員すべてに転送されるという二次トラブルも発生した。感染していたウイルスは「N

製品・サービス・業界動向 業界動向
丸善株式会社は5月19日、同社が発行するメールマガジンの購読者1万6,233人にウイルス感染メールが送信されたと発表した。また、ウイルスメールが転送されていることを指摘するメールが、会員すべてに転送されるという二次トラブルも発生した。感染していたウイルスは「NETSKY」系のワームで、Windowsの「不適切な MIME ヘッダーが原因で Internet Explorer が電子メールの添付ファイルを実行する(MS01-020)」のセキュリティホールを悪用し、感染すると大量メール送信を行う。同社では、メールマガジンの発行日を延期した際に、メーリングリストの設定を送受信可能な状態に誤って設定してしまったことが原因としており、問い合わせ窓口を設置して対応している。


丸善:重要なお知らせ
http://mis.maruzen.co.jp/home/owabi.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×