J-POWERの全グループ社員を対象にICカード身分証システムを納入(開発電子技術、日本電気システム建設) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

J-POWERの全グループ社員を対象にICカード身分証システムを納入(開発電子技術、日本電気システム建設)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

開発電子技術株式会社と、日本電気システム建設株式会社は5月18日、J-POWER(電源開発株式会社)の全グループ社員を対象に接触/非接触/磁気ハイブリッドICカード身分証システムを納入したと発表した。納入されたICカードは10,000枚規模で、J-POWERの全国の事業所約80ヶ所および全グループ社員(約6,500人)を対象としている。開発電子技術は、電源開発のICカード身分証システムの導入についてのコンサルティングをISMSのリスクアセスメント手法を用いて実施。またシステム構成については、各種セキュリティシステムの納入実績を多数所有するNECシステム建設と開発電子技術が共同で検討した。採用となったICカードは、身分証としての利用はもちろん、1枚のICカードで社員の出退勤時刻管理や入退室管理などが行なえる。これによりグループ内での人事管理業務の大幅な効率化が図れるほか、社内情報セキュリティおよびコンプライアンスの強化を実現する。

http://www.nesic.co.jp/news/20050518.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×