「セキュリティ設定分析システム」を世界で初めて開発(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

「セキュリティ設定分析システム」を世界で初めて開発(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NEC(日本電気株式会社)は、ファイアウォール、侵入検知システム等、企業や組織のネットワークの中の複数のセキュリティ機器の設定情報を集めて総合的に分析することで、ネットワークへの悪質なアクセスやウイルス侵入の可能性を瞬時に発見し、迅速な設定修正・対策を可能にする「セキュリティ設定分析システム」を世界で初めて開発した。新システムは、読み出した各セキュリティ機器の動作ルール(セキュリティポリシー)を共通のポリシー記述言語(SCCML)で表現するセキュリティポリシー抽出技術と、抽出した各セキュリティ機器の動作ルールを機器間のデータの流れにそって関係付けて分析し、監視していないデータの流れがあるなどの設定不備(設定情報間の矛盾)を自動的に発見する設定分析技術の2つの新技術により実現したもの。同システムを利用すれば、従来は専門知識を持ったシステム管理者が長時間をかけて行う必要があった機器間の設定分析作業が、瞬時に行えるとしている。2005年度中に製品化の予定。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0505/1603.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×