スパイウェアのスポンサーは一流企業? | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

スパイウェアのスポンサーは一流企業?

5月9日付け『LA Times』が、『Fortune』500社に挙げられるような一流企業もスパイウェアのスポンサーを行っているという内容の記事を掲載した。

国際 海外情報
5月9日付け『LA Times』が、『Fortune』500社に挙げられるような一流企業もスパイウェアのスポンサーを行っているという内容の記事を掲載した。

『LA Times』によると、スパイウェアの駆除を行うラリー・イングラムは、先月、メルセデスベンツやオンラインの旅行会社Travelocity.comなどの広告が表示されるのに気付いたという。「企業側が気付かずに、不正な方法で広告活動を行う会社を利用してしまっている可能性もある」としているが、結局はなんらかの形で大企業がスパイウェアに資金を投入していると考える。

イングラムは、ミネソタ州のヘネピン郡で1万1000台のコンピュータのセキュリティサービスを行っているが、同じスパイウェアが別の企業500社でもインストールされていたと報告している。

メルセデスベンツとTravelocity.comともに、指摘された広告は、会社方針に違反して出されたものだとコメントしている。スパイウェアで広告が表示されるとなると企業イメージにも傷がつきかねない。メルセデスベンツでインターネット・マーケティングを担当するリサ・クーパーは、「スパイウェアのように見えることがないよう、新しい広告ネットワークのテストを行っている」という。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×