発送直前の海賊版ソフトを所持していた男性を現行犯逮捕 | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

発送直前の海賊版ソフトを所持していた男性を現行犯逮捕

ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、警視庁五日市署は5月12日、権利者に無許諾で複製したカーナビゲーション用の地図データ「ナビソフトドライブマップDVD全国版4」を販売目的で所持していた東京都町田市の無職男性(35歳)を、著作権法違反の

製品・サービス・業界動向 業界動向
ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、警視庁五日市署は5月12日、権利者に無許諾で複製したカーナビゲーション用の地図データ「ナビソフトドライブマップDVD全国版4」を販売目的で所持していた東京都町田市の無職男性(35歳)を、著作権法違反の疑いで現行犯逮捕した。この事件は、今年4月頃に株式会社ゼンリンの担当者が「ヤフーオークション」に海賊版が出品されているのを発見したことが発端となった。同社から相談を受けた五日市署が捜査を進め男性宅を家宅捜索したところ、男性は封筒に入った発送直前の海賊版を所持していた。家宅捜索ではこのほか、パソコンや顧客リストが記載されたノートなどが押収されている。


ACCS
http://www2.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×