郵便貯金の自動引き落としデータを記録したFDが盗難に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

郵便貯金の自動引き落としデータを記録したFDが盗難に

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本郵政公社東京支社は5月7日、豊島郵便局で郵便貯金の自動引き落としデータを記録したFDが盗難に遭ったと発表した。5月6日12時半頃、同局貯金課の外務職員が事業所から自動引落しを行うためのデータが記録されたFDを受け取った。このFDは本来、鞄に入れて携行すべきところ、バイク後部の荷箱に入れたまま他の顧客を訪問し、15時20分頃に荷箱にあった周知物品などとともにFDがなくなっていることに気付いたという。その後、当該外務職員の訪問先近くから連絡があり、確認したところFDの収納袋(布製)がナイフなどで引き裂かれた状態で発見され、盗難に遭ったことが判明した。同局では、判明した時点で直ちに当該事業所に事情を説明し、謝罪とともにその後の対応について相談し、今回の発表に至った。


日本郵政公社:自動引落しを行うためのデータが記録されたフロッピーディスクの盗難について
http://www.japanpost.jp/pressrelease/s03/kawase/050507_03301.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×