郵便貯金の自動引き落としデータを記録したFDが盗難に | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

郵便貯金の自動引き落としデータを記録したFDが盗難に

日本郵政公社東京支社は5月7日、豊島郵便局で郵便貯金の自動引き落としデータを記録したFDが盗難に遭ったと発表した。5月6日12時半頃、同局貯金課の外務職員が事業所から自動引落しを行うためのデータが記録されたFDを受け取った。このFDは本来、鞄に入れて携行すべきと

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本郵政公社東京支社は5月7日、豊島郵便局で郵便貯金の自動引き落としデータを記録したFDが盗難に遭ったと発表した。5月6日12時半頃、同局貯金課の外務職員が事業所から自動引落しを行うためのデータが記録されたFDを受け取った。このFDは本来、鞄に入れて携行すべきところ、バイク後部の荷箱に入れたまま他の顧客を訪問し、15時20分頃に荷箱にあった周知物品などとともにFDがなくなっていることに気付いたという。その後、当該外務職員の訪問先近くから連絡があり、確認したところFDの収納袋(布製)がナイフなどで引き裂かれた状態で発見され、盗難に遭ったことが判明した。同局では、判明した時点で直ちに当該事業所に事情を説明し、謝罪とともにその後の対応について相談し、今回の発表に至った。


日本郵政公社:自動引落しを行うためのデータが記録されたフロッピーディスクの盗難について
http://www.japanpost.jp/pressrelease/s03/kawase/050507_03301.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×