機密情報漏洩の発生時に原因を迅速に特定するツールを発表(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

機密情報漏洩の発生時に原因を迅速に特定するツールを発表(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は4月18日、機密情報漏洩の発生時に原因を迅速に特定できるツール「i-フィルター Log Search」を4月26日より発売すると発表した。本製品は、Webメールや掲示板などWeb経由の情報漏洩などが疑われる場合に、その原因を迅速に特定するログ絞込検索ツール。すべてのWebアクセスの記録から、指定した条件を満たす行動を特定できる。「誰が」「何時頃に」「どんなカテゴリに」「どんなURLにアクセスしたか」など多彩な切り口で抽出できるため、機密などの特定の情報が「どの端末から」「何時に」流出したかをデータベースなどを用いることなく発見できる。提供価格はライセンス数によって異なるが、参考価格として500ライセンスで16万2,500円となっている。

http://www.daj.co.jp/company/release/2005/r041801.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×