中国の反日派によるサイト改竄が頻発 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

中国の反日派によるサイト改竄が頻発

製品・サービス・業界動向 業界動向

中国反日派によるものと思われるサイト改竄が頻発している。ソニーの中国法人のサイトが13日に改竄され、同日よりサイトを停止しており、熊本市の熊本大学のサイトでも14日、中国語による反日メッセージが表示されるという改竄が確認されている。中国の反日デモが拡大傾向にあるため、今後もこのような攻撃が増加しそうな気配だ。


ソニー(中国法人)
http://www.sony.com.cn/

熊本大学
http://www.kumamoto-u.ac.jp/univ-j.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×