中国の反日派によるサイト改竄が頻発 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

中国の反日派によるサイト改竄が頻発

中国反日派によるものと思われるサイト改竄が頻発している。ソニーの中国法人のサイトが13日に改竄され、同日よりサイトを停止しており、熊本市の熊本大学のサイトでも14日、中国語による反日メッセージが表示されるという改竄が確認されている。中国の反日デモが拡大傾

製品・サービス・業界動向 業界動向
中国反日派によるものと思われるサイト改竄が頻発している。ソニーの中国法人のサイトが13日に改竄され、同日よりサイトを停止しており、熊本市の熊本大学のサイトでも14日、中国語による反日メッセージが表示されるという改竄が確認されている。中国の反日デモが拡大傾向にあるため、今後もこのような攻撃が増加しそうな気配だ。


ソニー(中国法人)
http://www.sony.com.cn/

熊本大学
http://www.kumamoto-u.ac.jp/univ-j.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×