JCB、カード番号情報7,624件が記録されたFDを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.26(火)

JCB、カード番号情報7,624件が記録されたFDを紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ジェーシービーは3月28日、同社顧客のカード番号情報7,624件が記録されたFD1枚を、データ処理業務を委託したシステム会社との授受過程で紛失したと発表した。これは、3月7日にシステム会社から受領した施錠付きFDコンテナを開錠せずにコンテナごと同社内で保管し、3月17日に開錠し内容物を確認したところ、FDがなくなっていることが発覚したというもの。紛失したFDには、カード番号と申込書番号の数字情報のみが記録されており、カードの有効期限や氏名、生年月日、住所、電話番号といった個人を特定できる情報は一切記録されていなかったという。また、FDは暗号化およびパスワード保護がなされていることから、記録情報の悪用は極めて困難であるとしている。同社では、該当する顧客に対しお詫びと経緯についての説明をするとともに、意向に応じてカードの再発行手続きをする。

株式会社ジェーシービー:カード番号情報を記録したフロッピーディスク紛失に関するお詫びとお知らせ
http://www.jcbcorporate.com/news/dr-394.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×