米国でまた、情報ブローカーから個人データ漏洩 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

米国でまた、情報ブローカーから個人データ漏洩

先月、14万人以上の個人情報漏洩があったChoicePointに続き、米国でまたもやデータベース会社から3万2000件のデータ漏洩事件があったことが明らかになった。

国際 海外情報
先月、14万人以上の個人情報漏洩があったChoicePointに続き、米国でまたもやデータベース会社から3万2000件のデータ漏洩事件があったことが明らかになった。

漏洩元はレクシス・ネクシスという判例やビジネスデータを扱う企業だが、正確には事件は最近同社が買収したフロリダのSeisint社からのものだ。Seisintは法執行機関、企業、民間の調査事務所などにデータの販売業務を行う。レクシス・ネクシスのカート・サンフォード主席取締役によると、犯行グループは顧客になりすまし、パスワードを使い、データをダウンロードしていた。詳細については現在、FBIと秘密検察局が捜査中だ。

不正に取得された情報は氏名、住所、社会保険番号、運転免許証番号で、信用履歴、金融情報については無事だった。被害のあったデータベースは、Accurintという名称で、1件につき4.50ドルで情報を販売していた。

●競争力強化のために買収したはずが

個人情報の不正取得は今年1月、Seisintを獲得したレクシス・ネクシスの従業員グループが、Seisintが使用していたセキュリティ措置と個人認証方法を調査して、見つけた。スタッフは買収に伴い、双方の企業のコンピュータシステムを統合するための方法を調べていた。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×