乱数表を用いた二要素認証システム「Entrust IdentityGuard」を発売(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

乱数表を用いた二要素認証システム「Entrust IdentityGuard」を発売(エントラストジャパン)

 エントラストジャパン株式会社は、乱数表を用いた二要素認証技術のセキュリティ新製品「Entrust IdentityGuard」の販売を開始した。本製品は、ユーザ毎に異なる乱数表を配布し、認証時には行列で指定した乱数表上の数字をサーバに送ることで本人認証を行う認証ソフト。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 エントラストジャパン株式会社は、乱数表を用いた二要素認証技術のセキュリティ新製品「Entrust IdentityGuard」の販売を開始した。本製品は、ユーザ毎に異なる乱数表を配布し、認証時には行列で指定した乱数表上の数字をサーバに送ることで本人認証を行う認証ソフト。乱数表上の英数字の組合せは天文学的な数字であり、要求される行列が認証の度に変わるため、ID/パスワードに比べ高度な認証強度が実現可能。また、使い方を利用者が理解しやすいなど、利用者側の負担が少なく、容易に導入することができるのが特徴。Webサービスに対応したJavaツールキットも用意されており、フィッシング詐欺で問題となっている詐欺メールを防止するメール送信者証明等にも応用できる。価格は10万ユーザで1ユーザあたり420円。サーバ価格は315万円。

http://www.entrust.co.jp/news/2005/0224.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×