米、信用調査企業から大量の個人情報漏洩 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

米、信用調査企業から大量の個人情報漏洩

国際 海外情報

 米国で、信用調査企業から個人情報が盗難され、700人以上の市民が被害にあっていることがわかった。

 事件は2月19日、犯罪調査を行っているロサンジェルスの特別捜査班が明らかにしたもので、漏洩元は米国アトランタに本社を持つ信用調査企業、ChoicePointだ。

 現時点では犯行グループについてなど、詳細は調査中であるが、ChoicePointの顧客を装ったグループが、不正に個人情報を取得、使用している。先週、最初に事件が明らかになった時点では、被害者は約3万5000人、カリフォルニア州に限られるとの報告だった。

 「調査が進むにつれ、米全国にわたる50万人近くが被害を受けている可能性があると判明した」と捜査班のロバート・コスタ警部補はいう。ChoicePointは苦情が相次いだことにより、被害を受ける可能性のある市民14万5000人に通知したが、捜査班の数字と大きな隔たりがある。

 漏れた情報だが、氏名、住所、社会保険番号、そして一部、信用情報についてだ。約700人が郵送先を変更されるなど、不正な動きがあったと確認されているが、中には1万2000ドルを口座から知らないうちに引き出されていた男性もいる。

●ナイジェリア国籍の男性を逮捕

 現在逮捕されているのは、ナイジェリア国籍の男性、オラツンジ・オラワトシン(41歳)。オラワトシンは昨年10月27日、ChoicePointがKinkoに送付した書類を受け取ったところを逮捕された。既に2月17日には懲役16ヵ月の判決が下りている。しかし、事件の規模の大きさから見ても、オラワトシン一人の犯行とは考えられないというのが専門家の考えだが、供述は拒否している。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×