IBM eServer上で稼動する「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」がEAL4+を取得(米IBM、米Novell) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

IBM eServer上で稼動する「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」がEAL4+を取得(米IBM、米Novell)

 米IBM社と米Novell社は、IBM eServer上で稼動する「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」が、情報セキュリティの国際的な評価基準であるThe Common Criteria for Information Security Evaluation(Common Criteria)において、さらに高度なセキュリティ認定を新た

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米IBM社と米Novell社は、IBM eServer上で稼動する「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」が、情報セキュリティの国際的な評価基準であるThe Common Criteria for Information Security Evaluation(Common Criteria)において、さらに高度なセキュリティ認定を新たに取得したと発表した。取得したのはCAPP/EAL4+と一般に呼ばれているもので、制御アクセス保護プロファイル(Controlled Access Protection Profile)への準拠を今回達成した。また両社は、IBMのeServerシリーズ全機種において、米国国防総省のCommon Operating Environment(COE)認定を取得したことも合わせて発表した。COEは国防総省情報システム局(DISA)が定める軍用コンピューティング製品に求められる基準で、同認定を受けたことにより、Linuxが米軍の指揮統制システムでも利用可能になった。

http://www.novell.co.jp/pressrel/20050217_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×