セキュリティホール情報<2005/02/21> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.23(土)

セキュリティホール情報<2005/02/21>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<プラットフォーム共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ pMachine─────────────────────────────
 pMachineは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のPHPコードを実行される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:2.4
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ Zeroboard────────────────────────────
 Zeroboardは、複数のスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ BibORB──────────────────────────────
 BibORBは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことなどが原因で複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にSQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングを実行される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:1.3.2未満
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:1.3.2以降へのバージョンアップ

▽ Gaim───────────────────────────────
 Gaimは、HTMLやSNACパケットを適切に解析していないことが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にGaimをクラッシュされる可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:1.1.3未満
 影響を受ける環境:Linux、Windows
 回避策:1.1.3以降へのバージョンアップ

▽ paFAQ──────────────────────────────
 paFAQは、複数のスクリプトが原因でSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータ変更されたり削除される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:Beta 4
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ WebCalendar───────────────────────────
 WebCalendarは、login.phpスクリプトが原因でSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータ変更されたり削除される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:0.9.45
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:1.0RC2以降へのバージョンアップ

▽ NewsBruiser───────────────────────────
 NewsBruiserは、コメントシステムが原因でセキュリティ制約事項を回避されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にコメントを削除されたり承認に悪用される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:2.6.1未満
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:2.6.1以降へのバージョンアップ

▽ paNews──────────────────────────────
 paNewsは、comments.phpスクリプトが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:2.0b4
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ CitrusDB─────────────────────────────
 CitrusDBは、特殊な文字をCSVファイルに送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベースのデータを修正される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:0.3.6
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ MercuryBoard───────────────────────────
 MercuryBoardは、index.phpスクリプトが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にリンクをクリックしたとたんにブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。 [更新]
 2005/02/18 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:1.1.x、1.0.x
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ phpMyAdmin────────────────────────────
 phpMyAdminは、librariesselect_lang.lib.phpファイルに直接アクセスされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にインストレーションパス情報を奪取される可能性がある。[更新]
 2005/02/17 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:2.6.2-dev
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ vBulletin────────────────────────────
 PHPベースのWebフォーラムソフトであるvBulletinは、特定の条件を満たす場合にセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。[更新]
 2005/02/17 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.0〜3.0.4
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:3.0.6以降へのバージョンアップ

▽ PostgreSQL────────────────────────────
 ORDBMSプログラムであるPostgreSQLは、適切なチェックを行っていないことなどが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるなど複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に権限を昇格されたりセキュリティ機能を回避される可能性がある。[更新]
 2005/02/03 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:7.x、8.x
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:7.2.7、7.3.9、7.4.7、8.0.1以降へのバージョンアップ


<Microsoft>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ Microsoft Internet Explorer / Outlook Express──────────
 Microsoft Internet ExplorerおよびOutlook Expressは、ラベルタグを含んだ細工されたWebページによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にステータスバーに表示されるURLを偽装される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:6.0
 影響を受ける環境:Windows XP SP2
 回避策:公表されていません

▽ Microsoft Internet Explorer───────────────────
 Microsoft Internet Explorerは、ドラッグアンドドロップ、URLデコーディングゾーン、DHTMLメソッド、CDFなどが原因で複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、さまざまな攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
 2005/02/09 登録

 最大深刻度 : 緊急
 影響を受けるバージョン:98、98SE、Me、2000、2003 Server、XP
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:Windows Updateの実行

▽ Microsoft Windows────────────────────────
 Microsoft Windowsは、HTML ヘルプ ActiveXコントロールが適切なチェックをしていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者に任意のコードを実行される可能性がある。[更新]
 2005/01/12 登録

 最大深刻度 : 緊急
 影響を受けるバージョン:
 影響を受ける環境:Windows 2000、2003 Server、XP
 回避策:WindowsUpdateの実行

▽ Microsoft Windows────────────────────────
 Microsoft Windowsは、winhlp32.exeが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。[更新]
 2005/01/05 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:
 影響を受ける環境:Windows NT、2000、2003 Server、XP
 回避策:公表されていません

▽ Microsoft Windows────────────────────────
 Microsoft Windowsは、NetDDEが適切なチェックを行っていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/10/13 登録

 最大深刻度 : 重要
 影響を受けるバージョン:
 影響を受ける環境:Windows NT、2000、XP、Server 2003
 回避策:Windows Updateの実行


<その他の製品> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ TrackerCam────────────────────────────
 TrackerCamは、バッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃やクロスサイトスクリプティングを実行されたり任意のファイルを閲覧される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:5.12以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ Yahoo! Messenger─────────────────────────
 Yahoo! Messengerは、ファイル転送時やオーディオセットアップウィザード時に複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に権限を昇格されたり悪意あるファイルを転送される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:6.0.0.1750
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:6.0.0.1921以降へのバージョンアップ

▽ Sami HTTP Server─────────────────────────
 Sami HTTP Serverは、インフォメーション処理が原因でNULL pointer dereferenceによってDoS攻撃を受けるなど複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にディレクトリトラバーサルを実行されたりプログラムをクラッシュされる可能性がある。[更新]
 2005/02/17 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:1.0.5
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません


<UNIX共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ glftpd──────────────────────────────
 glftpdは、sitenfo.shスクリプトが原因で複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上の特定のファイルを閲覧される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:1.26〜2.00
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:公表されていません

▽ Tarantella Enterprise──────────────────────
 Tarantella Enterpriseは、エラーメッセージが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にユーザ名が存在するかどうかを判明される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:Enterprise 3.30、3.40、Secure Global
 Desktop Enterprise Edition 3.42、4.00
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:公表されていません

▽ Bidwatcher────────────────────────────
 Bidwatcherは、細工されたヘッダによってフォーマットストリング攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
 2005/02/21 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:1.3.16以前
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:1.3.17以降へのバージョンアップ

▽ Ulog-php─────────────────────────────
 Ulog-phpは、入力承認にセキュリティホールが存在する。これ以上の詳細は公表されていないが、ベンダによると重要なセキュリティ欠陥を含んでいるという。 [更新]
 2005/02/18 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:1.0未満
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:1.0以降へのバージョンアップ

▽ DCP-Portal────────────────────────────
 オープンソースのコンテンツ管理システムであるDCP-Portalは、index.phpやforums.phpなどのスクリプトが適切なチェックを行っていないことが原因でSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上で任意のSQLコマンドを実行される可能性がある。 [更新]
 2005/02/17 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:6.1.1以前
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:公表されていません

▽ Squid Web Proxy Cache server───────────────────
 WebプロキシソフトウェアであるSquid Web Proxy Cache serverは、FQDNルックアップ処理が原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
 2005/02/17 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:2.5STABLE5-〜8
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:パッチのインストール

▽ gFTP───────────────────────────────
 gFTPは、細工されたファイルパス情報を含んだFTP GETリクエストによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に検索されたファイルを別のファイルにすり替えて書き込まれる可能性がある。 [更新]
 2005/02/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:2.0.18未満
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:2.0.18以降へのバージョンアップ

▽ Xpdf───────────────────────────────
 Xpdfは、Decrypt::makeFileKey2機能が原因で細工されたPDFファイルによってバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2005/01/20 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.00pl3未満
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:3.00pl3以降へのバージョンアップ

▽ Xpdf───────────────────────────────
 Xpdfは、xpdf/Gfx.ccのGfx::doImage() 関数が原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
 2005/01/05 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.0以前
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:3.0以降へのバージョンアップ

▽ CUPS lppasswd utility──────────────────────
 CUPS lppasswd utilityは、DoS攻撃を受けるなど複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に特定のファイルの修正や削除、プログラムの停止などを実行される可能性がある。[更新]
 2004/12/20 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:1.1.22
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:公表されていません

▽ CUPS───────────────────────────────
 CUPSは、hpgl - input.cのParseCommand () 機能が原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/12/17 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:1.1.22
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:公表されていません


<HP-UX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ HP-UX BIND────────────────────────────
 HP-UXは、BINDが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
 2005/02/14 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:11.00、11.11、11.23
 影響を受ける環境:HP-UX
 回避策:ベンダの回避策を参照

▽ HP-UX FTPデーモン────────────────────────
 HP-UXは、FTPデーモンが原因でスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2005/01/05 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:11.00、11.04、11.11、11.22
 影響を受ける環境:HP-UX
 回避策:公表されていません


<Linux共通>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ Linux Kernel───────────────────────────
 Linux Kernelは、nls_ascii.cやnetfilter/iptablesモジュールなどが原因で複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にセキュリティ制限を回避されたりカーネルをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
 2005/02/18 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:2.6.x
 影響を受ける環境:Linux
 回避策:2.6.11-rc3以降へのバージョンアップ

▽ wpa_supplicant──────────────────────────
 wpa_supplicantは、EAPOLキーフレームが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
 2005/02/18 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
 影響を受ける環境:Linux
 回避策:各ベンダの回避策を参照

▽ Xpdf───────────────────────────────
 Xpdfは、細工されたPDFファイルによってバッファオーバーフローや整数オーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/10/22 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
 影響を受ける環境:Linux
 回避策:各ベンダの回避策を参照


<リリース情報> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ IP Filter────────────────────────────
 IP Filter 4.1.6がリリースされた。
 http://coombs.anu.edu.au/~avalon/ip-filter.html

▽ Linux kernel 2.4.x 系──────────────────────
 Linux kernel 2.4.30-pre1-bk6がリリースされた。
 http://www.kernel.org/

▽ Linux kernel 2.6.x 系──────────────────────
 Linux kernel 2.6.11-rc4-bk8がリリースされた。
 http://www.kernel.org/


<セキュリティトピックス> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ トピックス
 @police、インターネット定点観測のメンテナンス情報
 http://www.cyberpolice.go.jp/

▽ トピックス
 JPCERT、Web 偽装詐欺 (phishing) の踏み台サーバに関する注意喚起
 http://www.jpcert.or.jp/at/2005/at050002.txt

▽ トピックス
 JPNIC、JPNIC管理下でAPNICが逆引きの管理を行っているIPアドレスを更新
 http://www.nic.ad.jp/ja/dns/ap-addr-block.html

▽ トピックス
 国民生活センター、消費者からの相談事例を更新
 http://www.kokusen.go.jp/jirei/index.html

▽ トピックス
 鳴門市とマイクロソフト、次世代の電子自治体システム構築を目的に協力
 http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2198

▽ サポート情報
 トレンドマイクロのサポート情報がアップされている。
 2005/02/18 更新
 http://www.trendmicro.co.jp/esolution/newsolution.asp

▽ ウイルス情報
 トレンドマイクロ、WORM_MYDOOM.BC
 http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_MYDOOM.BC

▽ ウイルス情報
 シマンテック、W32.Derdero.A@mm
 http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-w32.derdero.a@mm.html

▽ ウイルス情報
 シマンテック、Trojan.Startpage.I
 http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-trojan.startpage.i.html

▽ ウイルス情報
 シマンテック、W32.Doxpar
 http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-w32.doxpar.html

▽ ウイルス情報
 シマンテック、W32.Kipis.K@mm
 http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-w32.kipis.k@mm.html

▽ ウイルス情報
 日本エフ・セキュア、MyDoom.BD
 http://www.f-secure.co.jp/v-descs/v-descs3/mydoom_bd.htm

▽ ウイルス情報
 日本エフ・セキュア、MyDoom.BC
 http://www.f-secure.co.jp/v-descs/v-descs3/mydoom_bc.htm

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/MyDoom-BC (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32mydoombc.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Psyme-BM (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojpsymebm.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Codbot-D (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32codbotd.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、VBS/Roor-A (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/vbsroora.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Codbot-E (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32codbote.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Sdbot-VJ (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32sdbotvj.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/AdClick-AI (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojadclickai.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Surila-P (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojsurilap.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Rbot-WF (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotwf.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Agobot-PX (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32agobotpx.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/LdPinch-AO (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojldpinchao.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Inforyou-A (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32inforyoua.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Ablank-A (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojablanka.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Ablank-B (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojablankb.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Jupir-A (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32jupira.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Lineage-D
 http://www.sophos.co.jp/virusinfo/analyses/trojlineaged.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Sdbot-VB (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32sdbotvb.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Sdbot-VC (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32sdbotvc.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Poebot-G (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32poebotg.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Borodldr-M (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojborodldrm.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Borobot-M (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojborobotm.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Goldun-H (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojgoldunh.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Assiral-A (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32assirala.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Rbot-WE (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotwe.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Sdbot-VI (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32sdbotvi.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/MyDoom-AS
 http://www.sophos.co.jp/virusinfo/analyses/w32mydoomas.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Keylog-AD (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojkeylogad.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Poebot-H
 http://www.sophos.co.jp/virusinfo/analyses/w32poeboth.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/LdPinch-AN (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojldpinchan.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Iyus-M (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojiyusm.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Dropper-U (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojdropperu.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、Troj/Bdoor-EP (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojbdoorep.html

▽ ウイルス情報
 ソフォス、W32/Nodmin-A (英語)
 http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32nodmina.html

▽ ウイルス情報
 コンピュータ・アソシエイツ、Win32.Mydoom.O
 http://www.casupport.jp/virusinfo/2005/win32_mydoom_o.htm

▽ ウイルス情報
 コンピュータ・アソシエイツ、Win32.Rbot.BPB
 http://www.casupport.jp/virusinfo/2005/win32_rbot_bpb.htm

▽ ウイルス情報
 コンピュータ・アソシエイツ、Win32.Bropia.N
 http://www.casupport.jp/virusinfo/2005/win32_bropia_n.htm

▽ ウイルス情報
 マカフィー、W32/Mydoom.bd@MM
 http://www.nai.com/japan/security/virM.asp?v=W32/Mydoom.bd@MM

▽ ウイルス情報
 マカフィー、W32/Mydoom.bc@MM
 http://www.nai.com/japan/security/virM.asp?v=W32/Mydoom.bc@MM

▽ ウイルス情報
 マカフィー、W32/Bropia.worm.p
 http://www.nai.com/japan/security/virB.asp?v=W32/Bropia.worm.p


◆アップデート情報◆
───────────────────────────────────
●Debianがbidwatcherのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Debianがbidwatcherのアップデートをリリースした。このアップデートによって、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される問題が修正される。


Debian Security Advisory
http://www.debian.org/security/

───────────────────────────────────
●RedHat Linuxがcupsのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 RedHat Linuxがcupsのアップデートパッケージをリリースした。このアップデートによって、cupsにおける複数の問題が修正される。


RedHat Linux Support
http://rhn.redhat.com/errata/

───────────────────────────────────
●Gentoo LinuxがgFTPおよびSquidのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Gentoo LinuxがgFTPおよびSquidのアップデートをリリースした。このアップデートによって、それぞれの問題が修正される。


Gentoo Linux
http://www.gentoo.org/

───────────────────────────────────
●Mandrake Linuxが複数のアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Mandrake Linuxがtetex、xpdf、gpdf、cupsのアップデートをリリースした。このアップデートによって、それぞれの問題が修正される。


MandrakeSoft Security Advisory
http://www.mandrakesecure.net/en/advisories/

───────────────────────────────────
●SuSE LinuxがSecurity Summary Reportをリリース
───────────────────────────────────
 SuSE LinuxがSecurity Summary Reportをリリースした。このリポートには、複数の問題の修正が含まれている。


SuSe Security Announcement
http://www.suse.de/de/security/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  2. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  4. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  6. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  7. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

  8. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  9. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  10. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×