ハッカーの攻撃目標として人気のNASA・・・NASAに侵入したハッカーに禁固6ヵ月 | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

ハッカーの攻撃目標として人気のNASA・・・NASAに侵入したハッカーに禁固6ヵ月

 2001年、NASAのコンピュータシステムの一つが機能停止し、当時17歳のハッカーの仕業と判明したが、この青年に対し17日、禁固6ヵ月の判決が下りた。

国際 海外情報
 2001年、NASAのコンピュータシステムの一つが機能停止し、当時17歳のハッカーの仕業と判明したが、この青年に対し17日、禁固6ヵ月の判決が下りた。

 判決を受けたのは現在21歳のグレゴリー・ヘムズ。NASAのゴダード宇宙飛行センターのコンピュータシステムに侵入して、20万ドル以上の損害を与えたという。コンピュータ好きの当時高校生であったヘムズは、2000年8月から2001年6月ごろまでハッキング行為を続けていた。

 NASAシステムへの侵入については「ダウンロードした音楽の保存場所を探していた」というが、NASA側はシステムが停止した原因を突き止めるのに数時間を要した。グレッグ・ナイハス連邦検事補は「システムをオフラインにすると、起動しなおさなければならない。(NASAのシステムは)マッキントッシュやアップルを再起動するようにはいかない」とヘムズに対し、犯した罪の重大性への認識を求めた。

 ヘムズは現在、マウントフッド・コミュニティカレッジで情報工学を学んでいるが、今後3年間はコンピュータへのアクセスを制限される。また、NASAに損害を与えたとされる20万ドルについても賠償命令を受けた。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×