サイボウズ社グループウェアのクロスサイトスクリプティング脆弱性に関するレポートを発表(2002.6.6) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

サイボウズ社グループウェアのクロスサイトスクリプティング脆弱性に関するレポートを発表(2002.6.6)

 6月5日に配信されたメールマガジン『Scan Tech Report』創刊号にて、サイボウズ社グループウェアのクロスサイトスクリプティング脆弱性に関するレポートが掲載された。このレポートは、ネットワークセキュリティの研究、啓蒙を行っている office 氏が執筆したもの。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 6月5日に配信されたメールマガジン『Scan Tech Report』創刊号にて、サイボウズ社グループウェアのクロスサイトスクリプティング脆弱性に関するレポートが掲載された。このレポートは、ネットワークセキュリティの研究、啓蒙を行っている office 氏が執筆したもの。

 office 氏は「サイボウズ Office 4.0」にクロスサイトスクリプティング脆弱性を発見し、サイボウズ社へ報告した。その後、同社は、この問題を修正した最新バージョンを公開し、ユーザへの告知を行った。また、Office 4.0以外の製品にもクロスサイトスクリプティング脆弱性があったことを明らかにしている。

 サイボウズ Office 4.0において、問題は複数発見された。同レポートでは、このクロスサイトスクリプティング脆弱性に関する状況が詳しく解説されている。

詳細な内容は Scan Tech Report をご覧ください。
http://shop.vagabond.co.jp/m-str01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×