韓国における情報セキュリティ政策に関する調査結果を発表(IPA) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

韓国における情報セキュリティ政策に関する調査結果を発表(IPA)

<!─ .article { font-size: 12px; line-height: 16px; } ─>  独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)は12月7日、韓国における国家情報保護政策および情報セキュリティ施策について具体的な実態を調査し、その結果を発表した。これは、

製品・サービス・業界動向 業界動向



 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)は12月7日、韓国における国家情報保護政策および情報セキュリティ施策について具体的な実態を調査し、その結果を発表した。これは、日本の情報セキュリティ政策の検討に資するために、北東アジア情報化ハブ拠点を目指す韓国について調査を行ったもの。実際の調査は株式会社アイ・ビー・ティが実施した。調査結果によると、韓国では国全体の情報セキュリティ対策を改めて国家競争力の源泉である情報通信分野の継続的発展に欠かせない政策目標と位置づけるとともに、急速な情報通信技術(ICT)の社会基盤化にともなうさまざまなリスク要因を認識し、さらに国際的サイバーテロなどへの対応を勘案した上で、国全体としての産官学協調で体系的かつ迅速な情報セキュリティ対策を強化しているという。


http://www.ipa.go.jp/security/fy16/reports/korea_security/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×