フィッシング詐欺対策の一環として、ベリサインの電子認証局構築サービスを導入(武富士、日本ベリサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

フィッシング詐欺対策の一環として、ベリサインの電子認証局構築サービスを導入(武富士、日本ベリサイン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社武富士と日本ベリサイン株式会社は11月29日、最近急増するフィッシング詐欺対策の一環として、日本ベリサインの電子認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKIサービス」を導入し、年末を目処に、同社社員が顧客及び外部へ発信するすべての電子メールに電子署名を実装すると発表した。メールを受け取った顧客は、S/MIMEに対応したメールソフトを用いて電子署名の検証を行うことで発信元の確認が可能となり、送信された内容が通信経路の途中で改竄されていないことが検証できる。これにより、同社社員の名を騙った「なりすましメール」による詐欺被害などを防止する。

http://www.takefuji.co.jp/corp/news/041129.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×