「RegistGate」と「Apresia」を組み合わせた認証・検疫ソリューションを開発(日立電線) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.20(日)

「RegistGate」と「Apresia」を組み合わせた認証・検疫ソリューションを開発(日立電線)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日立電線株式会社は11月19日、株式会社エヌ・エス・アイの認証ソフト「RegistGate」と同社製認証スイッチ「Apresia」を組み合わせた認証・検疫ソリューションを開発、販売開始したと発表した。本ソリューションでは、社内ネットワークに接続する端末は認証スイッチApresiaに接続され、IDとパスワードによるユーザ認証が行われる。その後、認証ソフトRegistGateがインストールされたサーバに接続され、ハードウェア認証が行われる。ソフトウェア認証では、アンチウイルスソフトなどの社内規定ソフトがインストール済みかを判断し、ウイルス感染の疑いがある端末への接続を防止する。また、RegistGateは、Web経由で社内ネットワークにアクセスする端末の認証も可能。なお、端末側には専用ソフトは不要で、すべてブラウザで認証状況をチェックすることができる。

http://www2.hitachi-cable.co.jp/apps/hnews.nsf/07aca49049d1d8be4925641700381624/7c5bbabe310e2f4e49256f51000ce801?OpenDocument
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×