東京電力、サーバへの不正投稿が原因でウイルスメールを会員へ配信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

東京電力、サーバへの不正投稿が原因でウイルスメールを会員へ配信

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
セ┃キ┃ュ┃リ┃テ┃ィ┃ゲ┃ー┃ト┃ウ┃ェ┃イ┃が┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●「FortiGate」シリーズ発売   破┃格┃で┃導┃入┃で┃き┃る┃!┃
    期間限定で格安販売!!  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
詳細⇒ https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?ftg01_netsec
───────────────────────────────────


 東京電力株式会社は11月22日、「TEPCOひかりニュース」の登録者の一部にウイルスが添付されたメールが送信されたと発表した。これは、11月22日午前8時53分、外部から同社ニュース配信サーバに対しウイルス感染ユーザーからと思われる不正なメール投稿が行われたことが原因で、一部のメールニュース登録者に「WORM_NETSKY.Q」が添付されたウイルスメールが送信された。同社では該当登録者にお詫びをするとともに、メール配信サーバのセキュリティの強化による不正アクセスの防止、メール配信実施時のチェック機能強化による、不正なメール配信の防止を実施するとしている。


東京電力株式会社:TEPCOひかりニュース登録者様へのウイルス添付メール送付に関するご報告とお詫び
http://www.tepco.ne.jp/information/info/04112201.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×