テキサス大学の元学生、個人情報盗難で起訴 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

テキサス大学の元学生、個人情報盗難で起訴

国際 海外情報

 2003年春に、テキサス大学のデータベースをハッカーが攻撃し、氏名や社会保険番号をダウンロードした事件で、ついに同大学の元学生が大陪審により起訴された。

「ついに」というのは、起訴されたクリストファー・アンドリュー・フィリップス(事件当時20歳)の逮捕は2003年であったためだ。つまり、連邦検察局は確固たる内容の起訴状を作成するため一年以上も費やした。

 起訴状では、フィリップスの犯行を次のように述べている。

1.2002年1月30日、フィリップスがテキサス大学のシステムに侵入を試みる。IT部が気付き、警告する
2.2002年2月15日、再度、侵入しようとし、大学から警告を受ける
3.2002年4月8日、3度目の侵入の企て、警告
4.2003年3月3日、テキサス大学のデータベースから5万5200件の学生、教授、職員の氏名、社会保険番号をダウンロード
5.2003年3月5日、シークレットサービスが逮捕しようとするが、その前にフィリップスが出頭

 つまり、情報盗難する以前に、3度もシステムへのハッキングを試み、失敗している。訴因はコンピュータを用いての不正行為、個人情報の不正取得、機器への許可なしでのアクセスとなっている。事件は3人の検察官と3人の裁判官が扱う。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  2. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  3. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  4. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  7. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  8. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×