個人情報探索・監査ツール「P-Pointer」を開発(KLab) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

個人情報探索・監査ツール「P-Pointer」を開発(KLab)

 KLab株式会社は、個人情報探索・監査システム「P-Pointer」の開発を行い、11月より発売を開始した。P-Pointerは、企業内のファイルサーバやクライアントPC内に存在する、個人情報を含むファイルを探索するシステム。ファイルフォーマットを問わずに大量ファイルの高速

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 KLab株式会社は、個人情報探索・監査システム「P-Pointer」の開発を行い、11月より発売を開始した。P-Pointerは、企業内のファイルサーバやクライアントPC内に存在する、個人情報を含むファイルを探索するシステム。ファイルフォーマットを問わずに大量ファイルの高速検索が行えることが特徴。各企業の情報管理責任者は、本システムを利用することにより、情報漏洩リスクの現状把握を、より正確に行えるようになる。また、すでに情報漏洩対策を行った企業についても、その施策が実際に守られているかを監査・確認することが可能となる。今後同社では、P-Pointerをセキュリティコンサルティング企業やSIベンダを通して、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証やプライバシーマークの取得を目指す企業等に提供していく。

http://www.klab.org/press/2004/041110.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×