個人情報探索・監査ツール「P-Pointer」を開発(KLab) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

個人情報探索・監査ツール「P-Pointer」を開発(KLab)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 KLab株式会社は、個人情報探索・監査システム「P-Pointer」の開発を行い、11月より発売を開始した。P-Pointerは、企業内のファイルサーバやクライアントPC内に存在する、個人情報を含むファイルを探索するシステム。ファイルフォーマットを問わずに大量ファイルの高速検索が行えることが特徴。各企業の情報管理責任者は、本システムを利用することにより、情報漏洩リスクの現状把握を、より正確に行えるようになる。また、すでに情報漏洩対策を行った企業についても、その施策が実際に守られているかを監査・確認することが可能となる。今後同社では、P-Pointerをセキュリティコンサルティング企業やSIベンダを通して、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証やプライバシーマークの取得を目指す企業等に提供していく。

http://www.klab.org/press/2004/041110.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×