個人情報漏洩の悪夢、3度目 ウエルズファーゴ | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

個人情報漏洩の悪夢、3度目 ウエルズファーゴ

●再度注目を集めたアウトソーシングの危険

国際 海外情報
●再度注目を集めたアウトソーシングの危険

 11月2日、サンフランシスコに本社を置くウエルズファーゴ銀行から、またもや個人情報漏洩事件が報告された。1年以内に3度目の事件で関係者は大きなショックを受けている。

 事件は10月初め、ウエルズファーゴの請求書発送を取り扱うRegulus Integrated Solutionsから個人情報の入ったコンピュータ4台が盗難されたというもの。データは学生ローンと住宅ローンの顧客に関する氏名、住所、ローン番号、社会保険番号が含まれる。業務の外注先からの情報漏洩で、アウトソーシングのリスクについて再び注目を集めたかたちだ。

 ウエルズファーゴのスポークスパーソンのジュリア・チュニスは「銀行の490万の住宅ローン、89万の学生ローン顧客のうち、比較的小さい割合の情報が漏れた」としているが、正確な数字および事件の状況については明らかにしていない。Regulus社も事件に関しては、現在のところノーコメントのため、盗まれたコンピュータにウエルズファーゴ以外の顧客情報が入っていたかどうかも不明だ。

 カリフォルニア州に本部を置く銀行の中では最大のウエルズファーゴは、Regulusと長年、取引を行っている。Regulus社は本部をカリフォルニア州、ナパにおき、請求書発送代行を主な事業内容としている。1995年に会社設立、従業員数は2700名の企業だ。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×