中国のNEUSOFT社とIPv6ネットワークのセキュリティモデルを共同研究(インテック・ネットコア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

中国のNEUSOFT社とIPv6ネットワークのセキュリティモデルを共同研究(インテック・ネットコア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社インテック・ネットコアは、中国最大のソフトウェア・ソリューション企業グループ、NEUSOFT(ニューソフト、中国名:東軟集団)とIPv6ネットワークについてのセキュリティモデルの共同研究を開始したと発表した。研究では、同社の持つ次世代プラットフォーム技術およびIPv6ネットワークに関するノウハウと、NEUSOFTが持つファイアウォール・セキュリティ技術を組み合わせることで全く新しいセキュリティモデルを確立、ソリューション提供を目指していく。当初は暗号化通信を端末毎に管理する機能やファイアウォールとの連動機能などを提供していく予定で、本年12月までに両社の技術を連携させ、端末単位での暗号化通信制御とアプリケーションの利用管理を組み合わせたセキュリティ環境を実現するミドルウェアを開発する。なお、当研究は経産省と中国国家発展改革委員会が推進している「次世代インターネットIPv6日中協力プロジェクト」の研究テーマの一つとして採択されている。

http://www.inetcore.com/news/press/11/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×