個人情報保護法施行に先がけ情報漏洩管理ソフト「LanScope Cat3」を導入(クレディア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

個人情報保護法施行に先がけ情報漏洩管理ソフト「LanScope Cat3」を導入(クレディア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社クレディアは、来春からの「個人情報保護法」全面施行に先がけ、情報漏洩管理、稼動履歴管理、資産管理等に対応するセキュリティソフト「LanScope Cat3(ランスコープキャットスリー)」を導入・稼動させたことを発表した。同ソフトは、デバイス使用制限やWebアクセス管理機能、稼動履歴管理機能などをもつ情報漏洩管理ソフト。同社では、全国約50ヵ所にあるサーバ、PC(約1,000台)を同時に管理することを目的に導入し、今回、全国規模で一度にセキュリティ対策を企画・実行した。

http://www.credia.co.jp/corporate/pressrelease/release041015/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×